光触媒について

光触媒を室内で使用するメリットとデメリットについて詳しく解説します!

光触媒

光触媒 を室内で使用する メリット とデメリットについて解説していきます。

新型コロナウイルスの変異株の影響で、緊急事態宣言が解除して早々に新規感染者数が東京を筆頭に神戸などでも増えてきましたね。

なかなか、収束の兆しが見えませんが、自分達でしっかりとできる予防策を考える必要があるのではないでしょうか。

生活を守るうえで、皆さん自身の意識を変えていくことが、重要かと思います。

外から帰ると、菌やウイルスを知らないまま家の中に持ち込んでいるかもしれません。

手を洗って、うがいをするのは当然ですが、衣服にももちろん付着している可能性もあります。

 

そこで、最近注目されているのが、光触媒です。

元々は、外壁のコーティング剤として外観を綺麗に保つために汚れ防止として採用されていたものですが、その性能を室内に取り入れた場合の効果がどれほどのものなのか気になる方が多いと思います。

感染リスクを極力抑えるために、各社では様々な種類の光触媒と称するものが、販売・施工されていますが、その効果やそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

 

光触媒の概要

 

光触媒の原料とは?

 

「光触媒」とは、光を当てる(照射)することで、触媒反応を起こす物質の総称でその代表となる物質が【酸化チタン(TiO2)】【二酸化チタン】です。

この酸化チタンですが、室内で使われているLED照明や従来の蛍光灯の光では、光触媒としての分解効果が低く、さほど分解効果を得ることができません。

 

その欠点を補うために、酸化チタン単体ではなく少量の不純物を酸化チタンに配合し、『可視光』と呼ばれる蛍光灯やLED照明の明かりで太陽光線を浴びせたものと同様に光触媒の作用が働くものを使用することで、室内でも有効な効果を期待できるものになっています。

これを可視光応答型光触媒と言います。

 

分解作用が働く仕組みについて

 

光触媒に光が当たることで、活性酸素(オゾン)が生成されます。この活性酸素によって、有害物質や有機物を酸化分解する働きが生まれます。

その分解力は、活性酸素単体よりも優れ

地球上で最も分解力を持っている物質が『光触媒』!

 

室内に光触媒を使用して得られる効果とメリットについて

 

光触媒の効果とは

【消臭効果】

 

光触媒は、目に見える光『可視光』が当たることで活性酸素が作られますが、その活性酸素によって接触するニオイ物質を吸着して分解するので消臭効果が期待できます。

お部屋の臭いやトイレ、タバコ臭、ペットの臭いや靴の臭いなどの生活臭がなくなることで、快適な生活が送れるようになるでしょう!

 

【汚れ防止】

 

光触媒は、有害物質を分解する効果があるので汚れ防止にも効果が期待できます。

タバコのタールや家庭内で調理時に発生する煙なども、壁のクロス材の黄ばみなどの原因になります。

また、トイレのアンモニア等による黄ばみやお風呂の水垢なども分解しますので、掃除の手入れもこれまでと違って楽になるでしょう。

 

【抗菌・抗ウイルス効果】

 

光触媒は、抗菌や抗ウイルスとして、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス、不活化させることが難しいとされているノロウイルスなどの各種ウイルスと黄色ブドウ球菌、大腸菌、O-157,サルモネラ菌などを分解し不活化させる効果作用が働きます。

 

【防カビ効果】

 

銀やプラチナイオンが含まれている光触媒であれば、光が無くても分解効果を発揮できるようになっています。これまでの抗菌剤では分解できなかった菌に対しても有効に分解作用が発揮され、お風呂場やトイレなどの水回りと押し入れなどの換気が行き届かずにカビが発生しやすい箇所でも防カビ効果が発揮されます。

 

【シックハウス対策】

 

室内でのアレルギー成分として代表的な「ホルムアルデヒド」と呼ばれる有害物質についても、光触媒によって分解作用が働くので、アレルギー対策にも効果が期待できます。

また、花粉やPM2.5などに対しても有効に働きますので、アレルギー対策で困っている方にも有効な方法かと思います。

 

安全で有害物質も放出されない

 

光触媒は極めて安全で有害物質も発生しません。酸化分解されたあと発生するのは、二酸化炭素と水ですから極めて安全です。だから使う用途や場所も選びませんし、コーティング完了して乾燥すればすぐに部屋や室内を使用できます。

 

効果が長期間持続(理論上は半永久的)

 

光触媒コーティングの大きな特徴として、効果が長期間働くところにあります。基本的には、剥がれない限り分解作用が続くので消毒するよりもコスト的にも抑えられると考えられます。床面などは、ひとが歩いたりするとどうしても摩擦等で剥がれる原因になります。

メンテナンスなどの維持費も不要

 

基本的に光触媒施工した面に物理的に、汚れたりしない限りは分解効果が続き、空気清浄機のようにフィルター交換や掃除もいりませんし、音もしないし電気代もゼロ円です。

維持管理費はゼロ円で済みます。

 

オゾンによる除菌・脱臭・消臭の消毒効果は本当にあるのか?信用できない可能性が高い?室内や部屋の 除菌 ・脱臭・消毒を行う場合、オゾンを代表とする薬剤が数多くありますが、その 効果・抗力がどれほどあるのでしょうか? ...

 

光触媒のデメリット

初期コストが掛かる

 

光触媒で室内全体をコーティング施工するとなると、費用がそれなりに掛かってきます。

しかしながら、長い目で見るとそのコストも抑えられるかと思いますが・・・

 

分解作用が働くのは、コーティングした面だけ

 

光触媒コーティングした面に、有害物質あ付着すると分解作用が働く仕組みになっていますので、決して空気中の菌やウイルスを分解する働きはありません。

しかしながら、室内では絶えず空気が循環していますので、空気中の菌やウイルスは、テーブルや床、壁、椅子、ソファー、カーテンなどに付着・沈着します。

アルコール除菌等では、拭いた瞬間の効果はありますが、時間の経過と共に空気中に浮遊しているウイルスがテーブル等に付着しますから、除菌したかといっても実は完璧な衛生管理になっていないのです。

 

まとめ

 

・一般的な光触媒を室内で使用しても効果が期待できませんが、室内用に特化させた可視光応答型光触媒なら、世界一の浄化作用が期待できます

・安全で、効果が長持ちし、メンテナンスが要らない。

・【防カビ】【抗菌・抗ウイルス】【汚れ防止】【ニオイ対策(消臭)】【シックハウス対策】という対策のすべてが、光触媒のみで行える。

・光触媒でも、屋外用のものを室内で使用した場合は効果があまり期待できない。

 

室内用に特化したしたものを使用すれば、消毒するよりも効果が高く手間がいらないので、多くのメリットがあると思いますので、検討するのも一つだと思います。

最後まで、読んで頂きましてありがとうございました。

 

知っておきたい
あなたがしている消毒の真実について知りたい方↓

https://freshair-smile.com/category/shoudoku/

 

ご不明な点などがございましたら、お問い合わせ下さい。

施工依頼に関わらず、光触媒に関心がある方であれば、私の分かる範囲でお答えさせて頂きます。

 

これを更にバージョンアップさせたハイブリッド光触媒『NEWチタンテックス』を当店では採用して施工しています。

 

『NEWチタンテックス』は光がなくても効果が見込める【無光触媒】と【可視光応答型光触媒】、抗菌性を高めるための【銀】・【プラチナイオン】の4成分を配合したものです。

興味がある方はコチラから↓

光触媒抗菌コーティング施工で最高スペックの室内環境を提供!|兵庫県姫路市「フレッシュエア スマイル光触媒 抗菌 コーティング の「フレッシュエア スマイル」へようこそ 兵庫県姫路市の室内光触媒コーティングの施工業...