ウイルス感染防止

介護施設での新型コロナ感染症に対する取り組み方法と対策!感染拡大防止に備えてのご提案!

介護施設

新型コロナ感染症のリスクを減らす為に、 介護施設 や老人ホームでの 感染拡大防止 の取組みを行っていると思います。

各施設でクラスター発生の恐れを未然に防止する方法、感染防止のために職員や施設運営者側には感染拡大防止の積極的な有効な手を打つことが求められています。

 

一番最後に安全で最も有効な方法で
感染症リスクを低減できるお話を紹介させて頂いております。

 

面会時の対応について

 

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除の有無に関わらず、面会をシャットアウトして面会禁止を行っている施設も多く見受けられます。

緊急事態宣言が解除された後も、

面会に関しては、限られた親族のみが対象としている施設が多く、面会時の対応としては極力多くの人との接触を避けることが徹底され『面会の制限・管理』による感染拡大防止策としてはかなり徹底化が図られてといえます。

今後においても介護施設運営者は、この方針に基づいて実践を怠らずにしていくことが重要だと考えられます。

親族者との面会は、WEB上での面談を採用するなどして対応を心掛けましょう。

外来者との接触として、訪問する業者様とのやり取りも限られた場所(オープンスペース等)で行うことが推奨されています。

つまり、極力、外部からの訪問者に対しては、施設内の職員と利用者とが同じ空間にいないようにすることが、感染症防止・予防には効果的だと言えます。

情報の共有の必要性について

 

感染症において何よりも怖く被害が拡大してしまう要因としては、

「病気にかかったことを告げずにあるいは気づかずに、他人に病気を移してしまうこと」

これが最も恐ろしいですね。

新型コロナ感染症(COVID-19)の場合は、若い人たちは感染していたとしても気づかないことが多いので、知らないうちにクシャミや咳等によってもウイルスを撒き散らしてしまうことに繋がります。

ですから、1人でも感染者発生した場合、同じ空間で接する方たちに病原菌を撒き散らし移してしまう可能性がとても高いといえます。

新型コロナの感染者が発生した時は、必ず施設管理者へ報告を行うべきで、併せて施設内でも情報共有すると共に、施設利用者様の身内となるご家族様へ報告を行うようにしてください。

感染しているかどうかを確認するために、出勤前に検温を職員に徹底することと、勤務時にも定期的に検温を実施するなど、異常や問題がないことを確認したうえで業務に取り掛かるる必要があります。

ご高齢者が多数いる介護施設・老人ホームでは、より一層の感染防止を怠らないようにする必要がございます。

 

職員と施設利用者が感染しないためには?

 

職員がひとたび感染してしまうと他の職員や施設利用者様に感染してしまう可能性が高まります。

高齢の利用者様については、感染すると命に関わる事態も想定されますので、職員の皆さまは必ず出勤前と仕事前仕事中も検温を徹底し、下記の事項も常に意識して実践するよう致しましょう!

密な状態を作らずに避ける

 

前述では情報共有・交換は必要と言いましたが、不必要に、職員間で集まって話をしたりは密室での空間で大人数が集まることがないように極力密集を避けることが重要です。

他人は全員が感染者かもしれない、自分も感染者かもしれないという意識でいる方が良いかもしれません。

食事の際は、時間帯をずらしたり、それが難しい場合は距離を取るようにし、唾や汗などが飛ばないように心がけます。

食事の時はマスクを着用していませんから、一番気を付けなくてはいけません。

まずは、職員自身が感染から守ることで、施設利用者様と職員様ご自身を守ることに繋がりますので、徹底するようにしてください。

そうすることで、施設全体がクラスターが発生しずらい環境が生み出せるようになります。

手洗いうがいの徹底

 

 

手洗いは最低でも15秒以上かけましょう。

これだけで1万分の1に減らせます。

うがいも重要で外出から戻ってくれば必ず実施し、外出せずとも定期的に行う方が感染リスク軽減に繋がります!

マスク及びセキエチケットの徹底

 

感染症を防ぐために必要なマストアイテムとして「マスク」は絶対です。
マスク着用は顔に密着するようにして、外部に唾液等が飛散しないようにすることで感染リスクを抑える効果が期待できます。

ただしマスクは熱中症を呼び込む原因ともなるので、人が近くにいないときには外し、熱中症対策にも努めましょう。

咳きやくしゃみをする時は、マスクを決して外してはいけません。

それでは何のためにしているか分からないからです。必ずマスクを着用しながらずれないように手で押さえるようにすることが効果的な方法です。

ウイルスを減らす消毒方法について

 

アルコール消毒

 

新型コロナウイルスに対しては、

アルコール消毒は、膜を持つコロナやインフルエンザウイルスの「膜」を壊す作用が働くので不活化し無毒化します。

アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)が有効とされています。

参考:厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」

 

熱水による消毒

 

80℃の熱水を10分間さらすことでウイルスを死滅させることができます。

※やけどの危険性が高いですから注意してください!

 

「次亜塩素酸ナトリウム」による消毒

 

手に触れるドアノブ、テーブル、スイッチ類などの消毒には、市販の塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」が有効とされています。

「次亜塩素酸」の酸化作用によって、新型コロナウイルスを破壊し無毒化されます。

<使用方法>市販の家庭用漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように薄めて拭きます。その後は、水拭き。

手が荒れますから、ゴム手袋を着用して行わなくてはいけません。

 

次亜塩素酸水

 

手に触れる箇所の消毒には、「次亜塩素酸水」も有効とされています。(NITEの検証より)

使用方法

・消毒したい物の汚れを落とす。

・有効塩素濃度80ppm以上の次亜塩素酸水をたっぷり使って、表面を十分に濡らし20秒以上放置して布やペーパーで拭き取る

※飲み込んだり、吸い込んだりしないよう注意!
※皮膚や目にはいらないように注意!

 

施設での消毒で機械噴霧をしても効果が見込めない

 

上述しましたように、消毒として次亜塩素酸水を使用している施設は、私が現場での聞き取りをしたところほぼ90%以上が使用していました。

でもこの方法は実際にウイルスや菌に対しての効果はというと私は疑問に感じています。

消毒に有効な濃度で噴霧すると人体に悪影響が出るので、その濃度はかなり抑えられているからです。

 

表面上だけの効果がありますという言葉を信じて使用されていますが、実際にクラスターが発生していないだけで、あまり有効な手段だとは思えません。

まあ、現場では信じて運用されている方に向かって、直接私の口から効果が無いですが・・・とはとても言えませんので、現場からは立ち去りましたが。

でも、オゾンや二酸化塩素、空気清浄機、次亜塩素酸水など全ての抗ウイルスを謳う消毒や商品は、ウイルスに対して有効な濃度を散布することで有効な抗ウイルス対策となるのですが、そこまで濃度を高めると人間に被害が及ぶのでそこまで濃くできないのです。

このブログを読んで頂いている方には、その真実を知って頂きたいのです。

本当に安全で効果があるものを採用するようにしましょう!

 

一般的な消毒方法のデメリットについて

 

一般的な消毒に関しては以上のような方法が上げられますが、手に触れる部分だけで果たして万全の対策と言えるのでしょうか?

上述した消毒方法では、効果は実施した瞬間だけに過ぎません。

空気中に浮遊するウイルスは、やがて手に触れるテーブルやドアノブに沈着・付着します。

手に触れる部分ではなく、ソファーや床、壁、カーテンなどに付着しています。

着用している衣類等にもウイルスは付着している可能性があります。

それらの対策は、皆さんはされていますか?

おそらく、大半の方は手に触れる部分だけを意識していると思います。

その消毒の作業ですら、非常に手間がかかり、ソファーや椅子もテーブルなどを消毒するとなると職員様では対応が不可能だと思います。

 

知っておきたい消毒方法の真実について知りたい方↓

https://freshair-smile.com/category/shoudoku/

 

有効な効果が得られるものとは

 

そこで、メンテンスが要らず消毒作業をする必要がなくなり、

ウイルス、菌の抗菌、抗ウイルス以外にも消臭効果も発揮できるものをご紹介させて頂きます

しかも、分解作用が、業者本格的に実施するオゾン消毒の1.5倍もの分解力を持つ為、

現在知られている中で、地球上で最大の分解作用を持ち

職員様と施設利用者様の安全で快適な室内環境を作れるものがあるとすれば知りたくはないでしょうか?

 

興味がある方はコチラをどうぞ↓

光触媒抗菌コーティング施工で最高スペックの室内環境を提供!|兵庫県姫路市「フレッシュエア スマイル光触媒 抗菌 コーティング の「フレッシュエア スマイル」へようこそ 兵庫県姫路市の室内光触媒コーティングの施工業...