光触媒について

可視光応答型光触媒が室内用として効果がある光触媒です!光触媒はどれも同じではありません!

今日は、 可視光応答型光触媒 が室内用として ” 効果 ”があるのか?光触媒はどれも同じだと思われている方に対して、室内用の光触媒の効果について解説していきたいと思います。

なかなか、光触媒は奥が深くて種類もたくさん出回っているため、結局どれが効果があるのかよく分からない方の為にこの記事を作成することにいたしました。

光触媒とは?

 

光触媒とは

 

光触媒は、特定の金属に光や紫外線などが照射されるとそれに反応して非常に強力な酸化分解作用が働くもので、コーティングした面に接触する臭い成分や有害物質などを酸化分解する物質でその代表的なものが『酸化チタン』と呼ばれる物質です。

その分解力はすさまじく、最大でオゾンを超えるとされています。

この表に示された酸化電位という値が大きければ、それだけ分解力が大きいということになりますが、光触媒の数値が消毒剤として利用されている『オゾン』のおよそ1.5倍の分解力があることが分かっています。

光触媒は太陽光などの強い光を浴びせることによって

現在知られている中では、

地球上で最大の分解力を持つ物質とされています。

 

光触媒のメカニズムについて

 

光触媒のメカニズムを図示したものです↓


引用サイト:https://jp.sharp/business/photocatalyst/

①光を受けると活性酸素を生成

②生成された【活性酸素は光触媒表面の臭い成分の結合を分解(菌などあらゆる有機物を分解)

③臭い成分や有機物は二酸化炭素又は水になって空気中へ放出(安全な物質に還元される)

 

消毒に使用されているオゾンは気体の状態で扱いますから、非常に扱いが困難で人体に悪影響を及ぼしますね。

だから、無人の状態で完全に放置して噴霧したり、完全防護服で作業する必要があります。

その点、光触媒は安全で、作業に関しても一般的なマスク一つで施工が可能!

つまり、安全で酸化分解力が非常に高い物質ということです。

 

光触媒を室内用に使用するとどうなるのか?

 

上述のように、光触媒自体は、強い光があって非常に高い分解力が働きますが、家の中やお店の中の室内空間で使用しても同様の効果を得ることは出来ません。

効果があるように謳われているのは、単に光触媒の性能を謳っているだけで室内でも効果がある証明をしていないと思いますで、光触媒を選ぶときは注意しないとダメです。

 

そこで、室内の用途として開発されたのものが『可視光応答型光触媒』です。

目に見える光(LED照明や従来の蛍光灯レベル)の室内光であっても光触媒の働きが発生させるものが開発されました。

引用サイト:https://mercer-rock.co.jp/2020/09/29/post-730/

 

フレッシュエアスマイルが使用しているハイブリッド複合型光触媒『チタンテックス』

には『可視光応答型光触媒』が含まれていますので、室内での使用してもしっかりと効果がでるものとなっています!

 

でも可視光応答型だけでは、起きている時だけの消灯するまでの間しか、効果を得ることができません。

複合型ということで4つの成分によって、24時間室内浄化を図ることができるようになっています!

 

その秘密を知りたい方はコチラ↓

光触媒『チタンテックス』の原理・仕組みについて解説!効果が怪しい?『 光触媒 の 効果 』について、コロナ対策としての抗菌性に疑問を感じて怪しいと思われている方に原理や仕組みについて詳細の解説をしていき...

 

知っておきたい消毒方法の真実について知りたい方↓

https://freshair-smile.com/category/shoudoku/

 

 

笑顔で安心して暮らせるように

願いを込めてお手伝いさせて頂きます!

関西で光触媒コーティングするなら

 

【 フレッシュエアスマイル 】

〒672-8035
兵庫県姫路市飾磨区中島73
電話・FAX:079-240-6025
携帯:090-3266-1777
E-mail: ff.air.smile@gmail.com

営業時間:9:00~19:00

下記の公式LINEからでしたら、24時間いつでもお問い合わせ下さい!

 

ビフォーアフターグループ正規施工店