消毒

オゾンによる除菌・脱臭・消臭の消毒効果は本当にあるのか?信用できない可能性が高い?

オゾンの除菌効果

室内や部屋の 除菌 ・脱臭・消毒を行う場合、オゾンを代表とする薬剤が数多くありますが、その 効果・抗力がどれほどあるのでしょうか?

オゾン消毒による浄化を期待をしたものが注目を浴びていますね。

今回は、そのオゾンの除菌・消臭効果と安全性について見ていきたいと思います!

 

オゾンの効果とは

 

オゾンは、地球上の大気中にも微量に存在しているもので、大気を浄化する効果を持つ性質を持っているとされています。

皆さんも、聞いたことはあると思います。

では、オゾンがなぜ除菌などの効果が得られるのか見ていきましょう。

 

オゾンのメカニズム

 

酸素の化学式はO2オゾンはO3。

Oが一つ余分にある状態なのです。

酸素は、安定した状態ですが、オゾンというのは非常に不安定な状態で存在しています。

この不安定な状態から解放されるために、他の物質と結合することで酸素原子の一つを放出して酸素分子になろうとする働きが生まれます。

菌や臭い分子などと融合することを酸化と言いますが、オゾンの酸素原子の1個を菌やウイルス、臭い成分と融合することで酸化分解作用が働き、この酸化された菌やウイルス等は不活化され死滅するという仕組みになっているようです。

酸素原子が1つ放出されるとオゾンは安定した酸素になるので安全になります。

 

空気清浄機との違い

 

空気を浄化し、清涼化させる働きを持つものの一つに「空気清浄機」をイメージされる方が大半だと思います。でも、空気清浄機とオゾン発生装置による除菌や脱臭の仕組みに関しては根本的に作用が違います。

空気清浄機は、空気中に浮遊している物質や異物をフィルターによって捕獲するようなイメージで、機器の近くを浮遊しているものを対象にした効果しか見込めません。

フィルターを介して浮遊物を吸着するため、定期的にフィルターの洗浄や交換といったことが必要です。

しかしながら、オゾン発生装置では、ウイルス、臭い成分、菌を直接的に分解する作用が働くので空気を清涼化・浄化。

空気中以外にも手で触れてしまう箇所(テーブル、椅子、ドアノブ)に付着しているウイルス等を分解。

菌やウイルス以外に空気中に含まれる花粉など有害物質にも有効に働き、根本から分解する作用が働くので空気清浄機よりも優れているようですが、人体に影響が出ないのか心配です。

安全性はどうなのか?

 

気になるのは、上述した菌、ウイルス、カビ等に有効に働き分解する効果があることが分かっても、人体に対して悪影響が無いのか?

安全性について非常に気になるところですね。

危険性について

 

では、オゾンの危険性ですが、高濃度のオゾンを放出すると、プラスチックやゴム製品なども腐食すると言われています。

室内で使用するオゾン発生装置の各社の謳い文句は以下の通りでした。

このような物質が室内にあると腐食する可能性あるが、それほどの高濃度の放出をしませんと各機器メーカーは訴えています。

 

オゾン使用時には特有の臭いが発生

 

オゾンが発生する際には、オゾン独特臭いが発生するみたいです。

そのため、常に換気をしながら使用する必要があるようで、オゾン濃度が高いと臭いだけでなく、ひとによっては気分が悪くなってしまう恐れがあるようですから無害という訳ではなさそうです。

高濃度になるとのオゾンは人体に有害とされていますが、

各機器メーカーが扱っている商品では、体に影響が出るくらい高濃度にならないので安心ということですが、そこまで濃度を下げた場合に菌やウイルスに対しての効果がどれほど見込めるかを知りたいところですよね。

詳細が語られず、オゾンの効果のみを前面に押し出して宣伝している気がしてなりません

 

私が感じた疑問点

 

オゾンの効果と原理は理解できても、どれほどの分解力を持っているのかが不明。

オゾン機器を取り扱う記事を参照しましたが、

人体に影響が生じない程度でオゾンを放出するので安全!というものばかりでした。

 

・オゾンによる酸化分解によって菌やウイルスを死滅させる効果があることが分かっても、死滅させるために必要な、オゾン濃度の数値を検証したものが見当たらない。

・人体に対して悪影響を及ぼすオゾン濃度が不明。

・上述の濃度で有害物質を酸化分解させる効力や効果があるのか証明ができていない。

・危機の誤作動で、高濃度のオゾンを発生してしまうリスクが無いのか?

 

上記のような疑問を私は感じました。

オゾンの効果のみを謳っているに過ぎず、低濃度で菌やウイルスを分解させる効果があるのかが、非常に疑問ですね。

 

明らかに誇大広告

 

明らかに誇大広告を謳っている記事も見受けられました。

オゾンは、

・塩素のように残留する薬剤と違い残留性がなく酸素に還元されるので安全。

・塩素の強力な酸化力(塩素の4~6倍)で有機物を分解。

低濃度でも放出をし続けた場合は、すぐに酸素に還元されませんから安全とは言い難いのでは?

オゾンの分解力は、塩素の4から6倍も無いはずですけど・・・

 

最も酸化分解力があるのは、光触媒ですが、オゾンは塩素の1.5倍程度しか酸化分解力を持っていません。

 

新型コロナウイルスを不活化に成功したようです!

出典:https://www.kashituki.com/ozone/press_2.pdf

 

奈良県立医科大学の研究グループは世界で初めてオゾンガス曝露による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。

上記のような記事を見つけました。

 

実験の結果ですが、

1.CT値330(オゾン濃度6ppmで55分曝露)では、1/1,000~1/10,000まで不活化。

2.CT値 60(オゾン濃度1ppmで60分曝露)では、1/10~1/100まで不活化。

オゾンがコロナに対しての不活化する働きがあることは、これで証明されていますが、このオゾンの濃度と人体に与える影響はどうなのでしょうか?

 

ちなみにオゾン発生装置でオゾン発生量が2800mgで185m3 の場合についてのオゾン濃度を見てみましょう。

1ppmは1mg/Lなので、

2800mg/(185×1000)=0.015ppm(オゾン濃度)

オゾン濃度が1ppmでようやくコロナウイルスが不活化できていることが証明されていますが、それの更に1/60ほどの濃度でどれだけの効果があるのか全く分かりません。

単純計算では、1/100の1/60なら、わずか1/1.6程度しか不活化されないということになりますね。

オゾンが人体に影響を与える指標

 

日本オゾン協会による指標が記されたものが下記の通りです。

出典:https://www.karumoa.co.jp/qa/service/qa35/

 

新型コロナウイルスを不活化させるオゾン濃度が1~6ppmですから、

1PPMの濃度を人に浴びせると疲労感や頭痛といった症状が現れるようですね。

6PPMの濃度の場合は、呼吸困難脈拍増加になるようですから、非常に危険だと分かりますね。

 

まとめ

 

人体に影響が及ばない程度のオゾン発生量だと、安全ではあるが菌やウイルスを不活化させるオゾン濃度とは考えられない。

人体に影響を与えずに、菌やウイルスを不活化させることはできないと判断します!

 

オゾン発生装置を常に作動させていたとしても、室内に浮遊する菌やウイルスを不活化できるかどうか、かなり疑問に思いました。

 

知っておきたい
その他の消毒の真実について知りたい方↓

https://freshair-smile.com/category/shoudoku/

 

 

当店が使用しているハイブリッド複合型光触媒『NEWチタンテックス』では、

安全性や、各種の菌やウイルスの分解作用に関しても現場に即した測定方法で検証されています。

しかも、その酸化分解力はオゾンの1.5倍あるとされています。

 

興味がある方はコチラをどうぞ↓

光触媒抗菌コーティング施工で最高スペックの室内環境を提供!|兵庫県姫路市「フレッシュエア スマイル光触媒 抗菌 コーティング の「フレッシュエア スマイル」へようこそ 兵庫県姫路市の室内光触媒コーティングの施工業...